2008年02月10日

デュアスロンに出てみました

前日は雪だったので、参加するかどうか直前まで迷ってたのですが、晴れそうだったし、せっかく申し込んだんだし、と思って参加することにしました。
会場の昭和記念公園までは自走です。
まだ道路に雪が残っていたので、慎重に。

resize0371.jpg
無事に会場まで着いたのですが、早すぎたみたい。
雪を見越して早く出たからだね。
ひとりさみしく、ぼーっと過ごすw
一緒に参加する仲間も今回は無し。

9時半になって、会場入り。
resize0372.jpg
園内は自転車に乗るのは禁止なので、雪の中をペンギン歩きで移動。
バイクラックに自転車をひっかけたり、ゼッケンをつけたり、準備をします。
雪のために10時20分のはずだった開会式は11時に、出走は11時半でした。
すぐに手持ちぶさたになって、ぼーっと過ごす。

resize0373.jpg
なんとなくスタート地点に行って写真を撮ってみたり、腹が減ってきたので、開催側の用意してくれたバナナを食ったりして過ごす。
会場には大学のトライアスロンサークルの人とかが、ローラー回したりしてた。
本気モードの人もたくさん居ました。
僕はといえば、出走する前から「なんでこんなとこきちゃったんだろう」モードでしたw
出走するクラスはビギナークラス。
ラン2キロ、バイク5キロ(本来は10キロ、雪のため短縮)、ラン2キロ、です。

開会式が終わり、スタート地点に並びます。
ビギナークラス、ジュニアクラス、キッズクラスが同時スタートです。
子供たちもいるし、それほど「アスリート」って感じじゃない人が多いです。
前から2列目あたりで、ピストルを待ちます。
ちょっとドキドキしますね。

ピストルの音が鳴り、スタート。
周囲につられて、僕にとっては速いペースで走り始めました。
途中で案の定失速w
次から次へと抜かれていきます。
2キロは持たないわ。

ヒーヒー言いながら、なんとか戻ってきて、自転車に乗ります。
自転車置き場は溶けた雪でドロドロで、シューズを履き替えるのに苦労しました。
疲れてるのもあって、片足をあげてバランスを取るのも大変。
シューズをなんとか履き替えて、乗る地点まで自転車を引いて行くのですが、足元はグズグズ、僕は走ったのでヘロヘロ。
ダラダラと歩きます。
元気のよい子供たちは、自転車を引きながら走って、僕のことを抜いていくのでした。
自転車にまたがって、さてクリートをはめようとするのですが、これもなかなかはまらない。
クリートに泥がはさまってたんですね。
この間にもどんどん抜かれて、しょんぼりです。

左足のクリートがはまらないまま、とりあえず走ってみました。
しばらくペダルと格闘しながら、なんとかはめて、先を追います。
自転車ならば、結構速いです。
自分の足で走るのと違って、頑張ればまだ頑張れます。
今まで抜いていったちびっこたちを抜き返し、ビギナークラスの人も何人か抜いたぞ。

あっという間に5キロで自転車終了です。
自転車で息を整えるつもりだったのに、乱れたまんま。
これから2キロ走ると思うと、かなり鬱でした。
ドロドロの中、またシューズを履き替え、走りはじめます。
というか、ちょっと歩いてしまったよ。
走るといっても、ゆっくりしか走れない。
いっぱいいっぱいでした。

このへんあんまり記憶がないのですが、このとき痛恨のコースミス。
いつのまにか、一人っきりで走ってました。
多分、運動公園を出るときに、右に曲がらなくてはならないところを、左に曲がってバイクコースを走ってたんだな。
「変だなー」とか思いながら、でもどうすることも出来ず、とりあえず前に走るしかないかという感じでした。
途中何人か運営側の人が居て、ビギナークラスのゼッケンをつけて走ってる僕に対してもなんにも言ってこなかったので、「合ってるのかもな」と思ったのもあったのですよね。
沿道に居たスタッフは、コースのこと分かってなかったんだろうな…雪でコース変更もあったし。
自分の感覚では、とうに2キロは走ってるのに、全然ゴールに着く様子がない。
なんとなく「ああ、間違えたな」と思ってるんだけど、走ってバカになってる頭ではアイデアがなにも思いつかず、とりあえず前に走るしかなかったです。
途中、レギュラークラスの自転車がビュンビュン追い抜いていきました。
「頑張れ!」とか「ファイト!」とか声をかけてくれると、ちょっとだけ元気が出ました。

ゴールのエリアに戻ってきたとき、そこに居たスタッフの人が僕のビギナークラスのゼッケンを見て、今頃まで走ってるのをおかしいと思ったのでしょう。
ゴールまで伴走してもらいました。
一応、ゴールのところでテープを用意してくれてゴールでした。
なんとも情けない(^^;

たぶん最後のランは5キロ走ってる。
無駄に運動した感じです…。
まあ、普通に考えて失格よね。
係員の人は「多く走ってる分にはかまわない」なんて言ってくれたけど。
まあ、自分内で完走以上の距離を走ってるんだから、体力的に合格ということで納得しましょう。

溶けた雪で自転車やシューズがドロドロになって、ちょっとだけ惨めな気持ちで、帰り支度をしていると、嬉しいことが。
男性の2人組(X-lightの方とfeltの方)に「FINALLOWの方ですよね?」と声をかけられた!
しばらく談笑しました。
feltの方はデリカつながりで、あかさんや3Kさんを知ってる方で、X-lightの方はランニングつながりで、きーじぇいさんを知ってる方だそうで。

ジャージも着てないのにどうしてだろうと思い、「なんで僕のことわかったんですか?」と聞くと、「名簿にそう載ってましたから」とのこと。
ああそうでした。
所属にFINALLOWと書いてました、俺(^^;
声かけてもらえて嬉しかったなー。

そんなわけで、ドロドロになりながら、コースミスしながらも、よかったなーって思える初デュアスロンなのでした。
今回はヘトヘトだよ。
次は、もうちょっと身体をしぼってから参加しような。
posted by とし at 18:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
悪路の中、お疲れ様でした。
痛恨(^^;のコースミスをされたようですが、
次回のリベンジに向かってこれからも頑張って下さい。
私と同じX-LIGHTの方はフルマラソンでもめちゃめちゃ速い方なんですよ。
Posted by きーじぇい at 2008年02月10日 19:10
おお〜お疲れ様でした。
自分の身体を知る事に貪欲なとしさんの姿勢には感心します。
ご苦労様でしたね。
温まって、ゆっくりしてくださいね。
Posted by らんた at 2008年02月10日 20:38
>きーじぇいさん
ありがとうございます。
次回はもうちょっと気合いを入れて
取り組みたいと思ってます^^;
X-LIGHTの方、強いんですねえ。
フルマラソンなんて想像もできないや…。

>らんたさん
ありがとうございます。
まだまだ貪欲に自分の身体で遊びたいですw
なによりも自分の身体が面白いです。
軽量化も含めて、もっとかんたんに
いじれたらいいのに、って思いますw
Posted by とし at 2008年02月11日 08:09
としさん、昨日はお疲れ様でした。
赤felt号のsinと申します。

昨日のデュアスロン、かなり厳しいコンディションでしたね〜
まあ自分の場合、コンディション以前の問題の方が多々ありましたが、、、
帰宅後felt号を洗車していたら、フロントだけじゃなくリアもパンクしてました。(涙)

今度ご一緒させて頂く時は、ゆる〜くサイクリングで美味しい物を食べに連れて行って下さいね。
Posted by sin at 2008年02月11日 08:25
>sinさん
土曜日はお声をかけていただき、
ありがとうございました。
リアもでしたかー。
でも、レース中じゃなくてよかったですね^^
昨日、僕も洗車したんですが、
自転車をひっくり返したら
シートポストから泥水出てきました。
コンディション、厳しかったですねえ。

ぜひ今度、ゆるくて美味しいサイクリング、
一緒に行きましょう!
Posted by とし at 2008年02月12日 09:18
としさん、日曜日はお疲れ様でした!
バイクはまだまだ初心者の私ですが、今後ともよろしくお願いします。きーじぇいさんとも是非ご一緒に!
Posted by みどるぱぱ at 2008年02月12日 23:27
>みどるぱぱさん
あ、土曜日ではなく日曜日でしたね^^;
お疲れ様でした!
ぜひ一緒に走りましょう。
はやく暖かくなって欲しいですね。
Posted by とし at 2008年02月13日 10:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。