2007年12月09日

名古屋は遠かった

昨日は国道20号でどこまで行けるかやってみました。
途中から19号になるんだけど、あわよくば名古屋まで行きたい。
そんな気持ちの20号さかのぼりツーリングでした。

1時45分に起床、2時半出発。
当たり前ですが、暗くて寒いです。

4時頃、大垂水峠を越えます。
この時間帯だと車通りが少なくて、意外と登りやすかったです。
峠を越えたはいいけど、下りがやっかいでした。
とにかく寒い。

7時頃、笹子トンネルを抜けます。
交通量を見て、多いようだったら笹子峠を越えようと思ってたんですが、それほどでもなかったので笹子トンネルを抜けました。
体力温存です。

resize0277.jpg
道の駅甲斐大和でトイレ。
おじさんが話しかけてきて、名古屋まで行くつもりだと言ったら驚いてました。

resize0278.jpg
朝の空気は澄んでいて、遠くに山が見えます。

8時頃、石和。
すき家で牛丼を食います。
すき家を出ると、今度はおじいさんが僕の自転車を見て話しかけてきました。
名古屋まで行くつもりだと言ったら驚いて、「いいなあ」とさかんにうらやましがってました。
こういったやりとりはちょっと嬉しいです。

このへんからダラダラ登りです。
resize0279.jpg
遠くに見える雪を被った山が美しいですよ。
ダラダラ登るのはかまわないのですが、なんとなく向かい風でシンドイです。

10時頃、道の駅白州で休憩。
resize0280.jpg

resize0281.jpg
けんちん汁をいただきます。100円。
けんちん汁のしょっぱさが、身体に嬉しかったですよ。
白州では20分から30分くらい休憩したなあ。
ここまで130キロくらい走って、疲れてきました。

走り出したら、サントリーの蒸留所があったよ。
resize0282.jpg
立ち止まりついでに、山の方も撮ってみた。
resize0283.jpg
八ヶ岳かな。

ここからもやっぱり向かい風で、イヤになっちゃってます。
でも漕がなきゃ進まないので漕ぎます。
このへんのペースはゆっくりでした。

resize0284.jpg
11時頃、小淵沢。
長野県に入ります。
登りはあともうちょっと。

関係ないけど、こんな看板もありました。
resize0285.jpg
「いねむり死亡」って直接的(笑)。

富士見峠の交差点について、やっとここから下りです。
一応「峠」ということになってるんだな。

茅野を過ぎて、諏訪へ向かいます。
腹が減ってきたけど、あまり長く止まりたくはなかったので、コンビニで済ませます。
下諏訪について諏訪湖を見たのは、12時半過ぎでした。
resize0286.jpg
良い天気です。
このあたりでは走ってて気分が良かったですよ。

諏訪を過ぎて登ります。
塩尻峠です。
resize0287.jpg
標高差は200メートルくらいなんですが、疲れた身体にはきつかったです。
峠から下って、高出交差点で20号は終了。
resize0288.jpg
19号を名古屋方面に向かって進みます。
この時点で13時45分ってとこです。
名古屋まで170数キロの看板をみたときは複雑な気持ちでした。
この季節だから、日が暮れるのは早く、明るいまま走れるのはあと3時間ほど。
鳥居のトンネルを抜ければ下り基調のはずだから体力的にはなんとかなりそうなんだがなあ、なんて考えていました。

しかしながら、ここからはまたダラダラ登りです。
ここからもしんどかった。
足も身体も疲れてますからね。
なんだか漕いでも漕いでも進まない感じ。
向かい風なのかと思いきや、道端のススキの穂が揺れてるわけでもない。
なにがそう思わせるのかと考えてたんですが、対向車の風圧だったようです。
対向車とすれ違うたびに風で押し戻される感じがしてたんですね。
よくわからないけれど、右も左も山で川沿いの谷間なだけに、車の起こす風がもろに影響するのかもしれません。

道の駅木曽ならかわで休憩、15時。
resize0289.jpg
走りはじめて200キロちょっとというところ。
疲れて心折れそうになってます。
とりあえず、鳥居のトンネルを越えるまで行こう、そこからは下りなはず。
そんな風に自分を励ましながら頑張ります。

道の駅を出てほどなく鳥居のトンネルに辿り着き、抜けたら下りでした。

日が暮れかかってます。
とにかく行けるところまで行こうと飛ばします。
が、寒い。
ときおり短い登りがありますが、つらい反面ちょっと助かる感じもします。
登りは身体が暖まるからです。
それからあと、腹減った。
次のコンビニがあったら休もうと決めて下ります。

16時頃、セブンイレブンを発見。
おにぎりとおでんを食って暖まります。

食ったらやる気が出てきました。
ガンガン漕いでいきます。
日が暮れて暗くなってからも、頑張りました。

でも、南木曾でストップ。
雨がぽつりと来たのをきっかけに。
名古屋はあきらめることにしました。
身の危険を感じたのもあって…。

19号は自転車乗りには過酷ですわ。
車道はトラック一台分で、中央にゴムのポールが立っている箇所が多く、車道の左端を走っていると、後ろのトラックからプレッシャーがかかります。
路側帯の左側にはフタのない側溝があり、寄りすぎると落ちてしまいます。
しかたがないので、路側帯を分ける白線のちょっと左側に入ると、容赦なくトラックが自転車のすぐ横ギリギリをスピードを出して追い抜いていったりします。
何度もヒヤリとしました。
トラックってなんであんなに急いでるの!

南木曾駅で自転車をバッグに詰め、18:24の電車で名古屋へ。
resize0290.jpg
名古屋で20:47の新幹線で東京へ。
帰宅してビール飲んで寝ました。

というわけで、自宅から泊まり無しで遠くへ行った最高記録は、南木曾となりましたとさ(笑)。
名古屋はいつの日かリベンジするぞ。


◆この日の走行データ
Tm 12:16'49
Dst 273.63
Av 22.2
Mx 55.1
Odo 2505.2

◆この日のルート
http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=ba94e9d2f642e750e49f006cf5a99274


※自分のためのメモ
上松のあたりのトンネル3連チャン。
歩道で抜けようとしたら階段を上ったり下りたりさせられてうっとおしかったけど、帰ってきてから調べたらちょうどよさげな迂回路(旧道?)があった。
今度来ることがあったらこちらを使おう。
http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&q=&ie=UTF8&ll=35.783354,137.698131&spn=0.023743,0.022659&z=15&om=1&pw=2
posted by とし at 15:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「GIANT TCR」という検索ワードで飛んで来ました。
名古屋在住で実家が土岐市(19号沿いの町です)なんですが、
何やら馴染みな画像がアップされてましたので、
ついつい書き込みさせていただきました。
それにしても、「名古屋まで行こう」と思い立って行動出来るとし様はすごいです。
19号は自転車には優しくない国道です。
断念された南木曾から多治見にかけてが一番死にそうなポイントではないかなと思います。
ある意味断念して正解だったと思います。
とし様とは年齢も近そうです。これからちょいちょい覗かせてもらいます。
それでは、失礼いたします。
Posted by 太田サン at 2007年12月09日 18:32
こちらがヌルヌル走っているというのに... この差はなんだろう(笑

中山道制覇は次ですねぇ ^^
中山道 終点は京都です(笑
Posted by テツ at 2007年12月09日 19:47
>太田サンさん
はじめまして。
コメントありがとうございます^^
ホント19号はキビシイですねえ。
あの時のコンディションで
多治見までずっとあの調子だとすると、
どこかで死んでたかもしれません(汗)。

ブログ、読ませてもらいました^^
名古屋からだと京都や伊勢も近くて、
走って楽しそうなところですねえ。
これからもよろしくです!

>テツさん
僕もそんなにハードな走り方はしてないです。
上り坂はユルユルのマイペースでした^^;
僕もBチーム入れてください!
Posted by とし at 2007年12月10日 10:38
お疲れ様でした。19号ってきつそうですね。
名古屋の手前に、現峠(うつつとうげ)ってのがあって、夢は現か幻か行ければよかったのに、残念でした。でもまた行っちゃうんでしょうね。いつかは京都へ〜
Posted by しいちょ at 2007年12月10日 22:31
>しいちょさん
うつつ峠、歴史のある峠みたいですね。
19号はきつそうなんで、他の道を検討してますw
いつかは京都へ…行ってみたいですねえ、自分の足で。
Posted by とし at 2007年12月12日 11:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。