2007年09月10日

風張林道でorz

日曜日は、その前日山に登れなかったのもあって、不満足なままです。
どこか山に登りたい。
でもまた和田峠に行ってみるのも癪だし、まだ通行不可かもしれない。
なので、今回は風張林道を目指すことにしました。

とりあえず多摩川CRに出て、上流を目指します。

resize0117.jpg
競技場の脇は、漂着物か乾燥してかさが減り、前日よりは通りやすくなってました。
ロードバイクで乗ったまま越えてた人もいたよ。

このあと、今日最大級に嬉しかったことに遭遇します。
くじら公園の先の土手の上の公園(タイヤキ公園っていうんですね)で、finallowのジャージを着ている方を発見しました!
finallowというのは、ブログをやってる自転車乗りのチーム(?)で、ずっとあこがれ続けていたんです。
これはチャンスです。
勇気を出して声をかけてみました。
「こんにちは。あのぉ、finallowの方ですか?」
なんとも間抜けな声のかけ方でしたが、しばらくお話しさせてもらうことが出来ました。
しいちょさんという方で、タイヤキ公園で休憩中だったそうです。
お話しできて本当にうれしかったなー。
あまり長い間お引き留めしてもなんだと思ったので、名残惜しかったですがお別れしました。
しいちょさん、ありがとうございました。
また、お会いしたいなあ。

さて。
睦橋を渡って、武蔵五日市駅に出て檜原村を通って、風張林道で峠を越え、奥多摩湖に抜けるつもりです。
檜原村役場を右折し、しばらく舗装された車道を順調に上っていきます。
途中、何度かコンビニに寄ってフルーツゼリーを食べたり、ジュースを飲んだりしながら、このへんまでは、わりと順調に走ることが出来ました。

先日登った鋸山、神戸岩の入り口を右手にスルーして登っていくと、三手に道が分かれている場所に出ました。
それぞれが幅の広い道路ではなく、林道の登り口という感じです。
風張林道っていうのは、道を間違えやすいと書いてあったのをどこかで読んだので、気をつけてたんですがやっぱりミスチョイス(笑)。
「左へ左へ」と覚えていたので、一番左へ行ったら行き止まり。
丸太を切ったりしている作業している人がいたので、道を尋ねると中央の道が正解でした。

登った道を下って、中央の道を進みます。
すぐにまた道が二手にわかれてました。
たまたまそこに大工さんが作業していたので、慎重を期して道を尋ねてみると、どちらもでも行けるとのこと。
その大工さんは右を指さして「こっちに行くと出られるよ」って言うので、じゃあ右へ行くかと右へ。

ここからはコンクリートで出来た急坂でして、これを元気に登っていきますが…。
行き止まりでした(;_;)

resize0118.jpg
急な坂を結構登ったのよ。
よくみてみると歩道は続いてた…。

まあいいや。
とりあえず元の分かれ道まで下って、もう一方の方向へ。
これは正解。
ずっと坂道が続いてます。
ここからは迷いませんでした。

しかし、頑張って登るんですがね。
すげーシンドイです。
日陰があんまりなくてスゲー暑い。
休み休み登ることにしました。

resize0119.jpg
雑誌でみたことのある場所にやってきました。
もうこのあたりでグロッキー。
「もしかしてお腹減ってる?」と思いつき、さきほどコンビニで買っておいたフルーツスポンジケーキを食べました。
「食ったんだから登ろう」と自分に言い聞かせて頑張ります。

自転車を降りて休んでは自転車に乗って漕ぎ、ということを繰り返しながらなんとか登って行きます。
足がすぐに痛くなってしまい長続きしないのと、痛さに耐える気力も残ってない。
これがいわゆる「売り切れ」という状態かと。

resize0120.jpg
でも、こういう景色を見ると、嬉しくなっちゃうのはあります。
ここで農作業をしているおじさんに挨拶して、少しお話しをしました。
もっと天気の良い日はここから都庁が見えるそうですよ。
「もうすぐ頂上ですよね?」聞くと、「いんや、まだまだ」だそうです。
おじさんと別れ、登っていきます。

おじさんはそう言うけれど、きっともうすぐなはず、だってこんなに高いところなんだもの。
なんて自分を励ましながら、それでも休み休み登ります。
でもなかなか頂上には着きませんでした。

resize0121.jpg
なんだかここで、やっと「ここは風張林道です。」の看板。
あのー、林道といってもほら、登ったり下ったりしてる間が林道で、ここからピークまではちょっとなんだよね? そうだよね?
…と自分の都合よく言い聞かせてみたりしたのですが、厳しい現実が待ってました。

resize0122.jpg
ずっと登りです。
激坂です。

なるべく押して歩くことをしたくなかったので、なんとか頑張ってきました。
自転車で来た以上「自転車で登った」という事実が欲しい。
でも、もう心が折れてしまいました。
休みながら「押して歩いて、なんとか越えようかな」とそう思ったとき、後ろからロードバイクで登ってきた人が挨拶をして抜き去っていきました。
「そうだよな。自転車で登る人が居るんだ。きっと峠はもうすぐさ」
なんとか気を取り直して、自転車に乗るのでした。

resize0123.jpg
もう100メートル進むごとに休むというような状態ですから、乗ろうが押そうが同じ気もします。
自転車に乗って漕ぐ気が起きない、「漕ぎたくない」と身体も心も拒否してます。
休むために自転車をときにビンディングをはずす力も出すのもツライ。
ボロボロでした。
なんだかお腹も減ってます。
家から持ってきたビスコも食べてしまい、補給食もなくなってます。
これがハンガーノックってやつなのか?

休みながら、いろんなことを考えてしまいます。
あのとき間違ったルートに進まなければ、もうちょっと登れたかもしれない、とか。
もっと食料を持ってくるべきだった、とか…。

「もう押そう、頂上があと少しだったとしても、挫折したということが残ってもいいじゃないか」
何度そう思ったことかわからないけれど、本気でもうダメって思ったときです。
路面に200って書いてあります。
さっきは300って書いてありました。
「もしかするとこれは、頂上までのメートル数ではあるまいか?」
もしあと200メートルなら頑張れる。

resize0124.jpg
頑張りました(笑)。

resize0125.jpg
よみは正解でした。
この白線からの距離を書いてあったんですね。
200メートルで峠を抜けたようです。
落書きだったのか林道関係者が書いたのかわかりませんが、助かりました。

resize0126.jpg
というわけで、いちお自転車で風張林道を登りましたよ。
ええ、自転車で登ったのです(笑)。
鉄柵にもたれかかった自転車も、なんだかヘトヘトにみえます。


ここからは舗装された車道を、奥多摩湖方面へ下っていきます。
とにかく腹が減ってる。
なにか食いたい。

resize0127.jpg
奥多摩湖が見えました。

resize0128.jpg
下ってきて一番最初に見えた食堂に駆け込んで、一番ボリュームのありそうなカツ丼を注文しました。

resize0129.jpg
ああ、カツ丼。
カロリーをくれ。

むさぼるように食い、やっと人心地つきました。
しばらく休憩したあと、帰路につきます。

resize0130.jpg
こないだ鋸山登って、下って出てきたところ。
実は、今回は雑誌「自転車人008号」に載っていた、なるしまフレンド立川店オススメのコースを参考にしたんだけれども、今回僕が辿ったルートに加えてさらに、この場所から鋸山を登って武蔵五日市駅に戻るというものでした。
記事によると「現役の選手で2時間40分」とあります。
そんなのムリ(笑)。


奥多摩湖を右手に見て、青梅街道をひたすら下ります。
途中、トンネルを何度も抜けるのですが、外は晴れてるのに中は雨が降ってました(笑)。
山からしみ出した水がトンネルの中に雨漏り状態になってるんですね。

青梅街道から吉野街道に入り進んでいくと、見覚えある場所が見えてきました。
羽村の取水堰です。
ここにつながるんですねえ。

resize0131.jpg
せっかくだから記念撮影(笑)。

resize0132.jpg
昨日も来たな…。
昨日に比べたら水の量は若干減ったかな、変わってないかな、どうだろ。
そんなこんなで多摩川CRを通って帰りましたとさ。

しかし今回はツラかったよ…。


◆今回の走行データ
Tm 6:56'16
Dst 129.53
Av 18.6
Mx 47.4
Odo 1825.6
posted by とし at 14:14| Comment(7) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

和田峠に行こうと思ったの

この土曜日は、台風も過ぎ去ったことだし、どっか山に行きたいなと思い、行き方がわかっている和田峠を目指すことにしました。

とりあえず多摩川CRに出て、睦橋に向かいます。
折り返し地点を過ぎて、貝殻坂橋を渡って、競技場の脇に出ると、

resize0096.jpg
漂流物が流れ着いて道を覆っていました。
なんともえらいこっちゃ。

resize0097.jpg
多摩川は濁っており、増水してました。

いつものように多摩川沿いを走っていくと、今回の台風がどんだけすごかったか気づかされます。

resize0098.jpg
野球場はバックネットが引き倒され、灰皿も横倒しになっていました。

resize0099.jpg
増水した多摩川は、普段の穏やかな風景とは違い、ちょっと恐い感じがしましたよ。

resize0101.jpg
「はいるなきけん」と書いてありますが、こんな様子では入ろうと思わないでしょう、普通は。

そんなこんなで写真を撮りながら、走っていきます。
そして福生南公園にたどり着きました。

resize0102.jpg
なんかすごいです…。
フェンスが倒れてしまっているし、漂流物があちこちに散乱してるし、泥をふくんだ水たまりがあちこちに出来てました。
立ち入り禁止です。

公園に入れないので迂回して、睦橋にたどり着き、渡りかけたところで、「これは羽村の様子を見てみないと」と思い直し、多摩川CRに戻って上流を目指すことにしました。

resize0103.jpg
というわけで、たどり着きました。
すごい水の量です。
これを見て納得し(笑)、今来た道を引き返し、睦橋を渡って和田峠を目指します。
夕やけ小やけふれあいの里までたどりついて、電光掲示板を見ると、

resize0105.jpg
ありゃま。
通行止めだそうです。
せっかくここまで来たのに〜。
まあ、行けるところまで行ってみることにします。
自分の目で確かめないと気が済みません(笑)。

resize0106.jpg
なるほどね。
まあ、しかたない。
ゲートの横を通り抜けられそうではあったけど、通行止めっていうんだから素直に従っときましょう。
大雨の後でどうなってるかわからんし、危険な目にあったりしたらイヤだしね。

でも、なんだか不完全燃焼気味です。
このまま素直に帰る気にならないんですよねえ。

和田峠の入り口、バス停まで引き返すと、分かれ道になっています。
そこには、右に行くと陣馬街道、左に行くと×印がついてる地図がありました。
ハイカー用の案内看板も見てみたんですが、どうやら明王峠という峠に続いていて、どうやら相模湖の方に抜けられそうです。
まあ、とりあえず、行けるとこまで行ってみます。

resize0107.jpg
山の上から流れてくる水が、周囲の空気を冷やしていて心地良いです。
マイナスイオンが飛び交ってます(笑)。
路面はコンクリートか砂利道で、マウンテンバイクなら登れる感じでしたが、大雨のせいで水浸しのところも多かったです。

resize0109.jpg
しばらく登ってみたのですが、舗装された道はとぎれてしまって、ここから先はハイキングするような山道でした。
ここでたまたま、この道を下ってきたハイカーのおばちゃんと遭遇。
ちょっとお話しをしました。
こんな道がずっと続いていて相模湖に出られるとのこと。
また、こんなマウンテンバイクとすれ違うことも多いですよ、とのこと。

おばちゃんと別れてから、しばらくその場で行ってみようかどうしようか迷いましたが、今回はパスすることにしました。
今日はサイクリングな装備だし、大雨の後でぬかるんだ道だったら厳しいしね。
でも、いつか、自転車を持ってここを越えてみたいと思いましたよ。
というわけで、来た道を引き返します。

resize0111.jpg
こんな道です。

resize0110.jpg

resize0112.jpg
道沿いに川が流れていて、癒されます。

陣馬街道を下り、川原宿の交差点を右折、霊園を抜けて、高尾街道を左折。
お腹が減ってきたので、ご飯が食べられるところを探します。

resize0113.jpg
なんかよさげな食堂を発見。
「元八王子食堂」だって。
カフェテリア方式で、自分の好きなおかずを選んで、最後にレジで精算という形でした。

resize0114.jpg
薩摩鶏ピリ辛炒め、薩摩鶏鶏天、めし(中)、豚汁。
肉ばっか(笑)。
自分の食べたい量だけ取れるので便利かも。
なかなかおいしかったですよ。

resize0115.jpg
「そうだよなあ」と思いつつ(笑)。

resize0116.jpg
浅川CRに出て、帰ってきました。
浅川はそんなに走ったことないけれど、なかなか面白いかもと思ったよ。


◆今回の走行データ
Tm 5:09'05
Dst 93.73
Av 18.1
Mx 46.0
Odo 1696.1
posted by とし at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 自転車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。